日本男子論 (1)福沢諭吉

明治十八年夏の頃、『時事新報』に「日本婦人論」と題して、婦人の身は男子と同等たるべし、夫婦いえに居て、男子のみ独り快楽をもっぱらにし独り威張るべきにあらず云々うんぬんの旨をしるして、数日の社説に掲げ、また十九年五月の『時事新報』「男女交際論」には、男女両性の間は肉交のみにあらず、別に情交の大切なるものあれば、両性の交際自由自在なるべき道理をべたるに、世上に反対論も少なくして鄙見ひけんの行われたるは、記者の喜ぶ所なれども、右の「婦人論」なり、また「交際論」なり、いずれも婦人の方をもとにして論を立てたるものにして、今の婦人の有様をあわれみ、何とかして少しにてもその地位の高まるようにと思う一片の婆心ばしんより筆をくだしたるが故に、その筆法は常に婦人の気を引き立つるの勢いを催して、男子の方に筆のほこさきの向かわざりしはと不都合にして、これをたとえば、ここに高きものと低きものと二様ありて、いずれも程好ほどよちゅうを得ざるゆえ、これをなおさんとして、ひたすらその低きものを助け、いかようにもしてこれを高くせんとて、ただ一方に苦心するのみにして、他の一方の高きに過ぐるものを低くせんとするの手段に力を尽さざりしものの如し。物の低きに過ぐるはもとよりよろしからずといえども、これを高くして高きに過ぐるに至るが如きは、むしろ初めのままに捨て置くにかず。故に他の一方について高きものを低くせんとするの工風くふうは随分かたき事なれども、これをおこのうて失策なかるべきが故に、この一編の文においては、かの男子の高きを取って押さえて低くし、自然に男女両性の釣合をして程好ほどよちゅうを得せしめんとの腹案を以て筆を立て、「日本男子論」と題したるものなり。

続きは ここ

引用

https://www.aozora.gr.jp/cards/000296/files/47293_34170.html