危機に瀕しているスイスに、人を惑わす女神の甘い誘いの声が届く

「民間防衛」P254

民間防衛―あらゆる危険から身をまもる  原書房


危機に瀕しているスイスに、人を惑わす女神の甘い誘いの声が届く

 全体主義国の新聞、テレビ、ラジオは、毎日、われわれに、忠告や、激励や、脅迫を繰り返す。例えばもしも、われわれが全体主義国に味方すれば、彼らは何の不自由もないようにわれわれを助けてくれるだろうと言ったり、またわれわれが同盟を結べば、その日からわれわれの状態は改善されるだろうと約束したり、そうかと思うと、もしも、われわれが先方の申し入れを黙殺すれば、最悪の災難が降りかかるだろうと脅迫したりする。

 

「民間防衛」P255
心理戦に対する抵抗

 新聞記事の一節:

 国の各層を代表する者数十名の人々が、昨日あるところで集会を開き、集まった全ての者が持つあらゆる知識を総動員して、スイスの現状、及び、これに対してスイス政府がとるべき対処策について、討論をたたかわした。
 その結果、彼らは全会一致で、目下の種々の問題について注意を促すため、連邦内閣に書簡を送ることに決定した。これらの問題の中には、スイス全国の種々の報道機関に関する問題も含まれている。この書簡に署名した50人の人々は、スイスの報道機関が、スイス国民に迫っている種々の危険に対してあまりに無関心であるとして、報道機関全体を批判している。全体主義国の構成にたいする報道機関の確固たる態度こそ、われわれにとって大切なのであり、連邦内閣はこの問題について十分注意を払う必要がある。
 スイス連邦法務警察長官は、直ちに記者会見を行い、大部分のスイス新聞の示している模範的な態度を賞賛するとともに、わが国民に対して、スイスのあらゆる財産、価値あるものを、引き続き保護するため最大の努力を払う胸を約束した。さらに、長官は、スイスの全報道機関こそ、スイスの独立と自由を守るための戦いの第一線に立つべきであると述べた。
 もし外国勢力がスイスを攻撃しようと欲しているのなら、彼らは、スイスの報道機関の態度が仮に友好的であったとしても攻撃をかけてくるだろう。大切なことは、われわれ国民が、外的のどのような圧力にも、どのような脅しにも、屈することなく反撃できるように、毎日心がけていることである。
 われわれは、自己の運命は自分自身で決定したいと、他人に指図されたくないと、常に願っている。
 以上のような法務警察省長官の発言に対して、大きな拍手が起こった。